中小企業の魅力


大きい会社は魅力的?

大人数の中の一人として成長できますか? 一人ひとりを大切にしてくれますか?
終身雇用制度が崩壊し、薬剤師もこれからは年俸制の時代です。
資格ではなく能力がその人の価値となり年俸に見合わなければ即解雇、リストラの時代はそこまできています。
昨今、調剤に関してはいろいろなシステムやマシーンが開発され導入されています。
機械にできることは機械へと…。薬剤師が機械にとって代わられているのです。
そんな中、機械にできない仕事は何だと思いますか?

あなたが一人の薬剤師として生き抜く力、その会社で身につきますか?
調剤しかできない人は、機械や若い薬剤師にとって代わられます。
本当に会社はあなたを必要としているのだろうか?
あなたを育ててくれる会社なのだろうか?
薬剤師を活かした経営方針なのだろうか?
薬剤師に挑戦させてくれる会社なのだろうか?
しっかりと見極めることが大切です。
大企業だからといって決してあなたを守ってはくれません。

▲ Page Top


中小企業こそ薬剤師の未来がある?

中小は未来はないのでは?と多くの人は考えますが、では街のお医者さんはなくなるのか?
大学病院や市立病院だけになってしまうのか?
そんなことはありません。
街のお医者さんに行く一番の理由は、そこの先生が好きだから、先生は私の病気のこと一所懸命してくれるから、親身になってくれるから…など患者さんは言います。
医療や健康産業は規模の大小ではなく信用、信頼こそが企業成長のキーワードになると考えています。またその様な戦略を立ててゆけば未来は明るくなります。
「信用、信頼づくりへ絶えず挑戦していく」この意志の統率さえあれば会社の未来は明るくなり、更には薬剤師の未来も明るくなります。

中小は薬剤師を従業員を育てていかなければ経営は安定しません。
弊社は、あなたの力を引き出すよう、1年目からいろいろと挑戦、経験をさせています。

▲ Page Top


目指すべき道

会社も社員が道(仕事する理由)を見失わないように大きな目的をもって成長しています。
会社とは誰のためにあるのか?何のために存在するのか?あなたが就職しようとしている会社は目標、目的を持って経営をしていますか?
「調剤薬局は必要か?」
残念ながら多くの国民は必要性を感じていません。現状の薬局に国民は満足していないのです。
それは努力をしていない薬局側、薬剤師に問題があります。(経営者側の責任)
その為には
(1)利益を追求した経営をやめ、薬剤師主導の患者さま国民の目線に立った経営
(2)薬局の在り方を変える
ことが大切です。特に(2)は重要なことです。

今までのように「薬局は調剤をする場」だけでいいのだろうか?
薬剤師として、薬局として世の中のため、社会のために役立つことはできないだろうか?
その取り組みとして弊社が推し進めているのが「予防医療」という取り組みです。
セルフメディケーション、社会活動を通して、人の・国民の元気健康に役立つ薬局・薬剤師が増えてくればと思います。

▲ Page Top


若い従業員生き生きしてますか?

「薬剤師・薬局として患者様になにができるのか?」
薬剤師・従業員一人ひとりが患者様の声に耳を傾け、考え、そして行動していくことが大切です。
それに対し、会社はその気持ち、努力、行動を汲みとり従業員を応援していくことが大切です。
従業員が若い社員が生き生きしている会社は成長します。それは時代時代に合わせた考えを持ち、新しいことへの取り組み姿勢があるからです。
【柔軟性】には若い従業員を見ればあなたの2年後3年後がみえます。更には会社の将来もみえてくると言われています。

薬剤師が従業員が会社を育てていく。社員の成長こそ会社の成長。
最終的には患者さまと共創しながら薬局経営ができる会社。
それが私たちの理想です。

▲ Page Top


会社の強みはなんですか?

どんな会社にも使命や目的、理念はあります。
ただどんなに素晴らしい理念を掲げていても理解し、行動を起こしている社員はどれだけだろうか?

私達の考える強い会社とは、目標に向かい意見や知恵を出し合い一致団結して行動していく会社だと思います。
それが分かる会社だと仕事をしていても楽しいことと思います。
みんなで楽しみながら、成長を実感しながら仕事をできたら一番幸せではないでしょうか?
会社説明会に行ったり、若い社員を見ればすぐにわかりますよ。
そこには楽しさや工夫、生き生きとした姿など会社の姿勢が見え隠れしていますよ。

▲ Page Top