先輩からの声


求められる薬剤師を志して

大出

 患者様ひとりひとり悩みや体質、患っている疾患はさまざまです。

目の前の薬に対してのみならず、患者様のQOL(生活の質)が少しでもよい方向へ向かっていただけるように、あなたに相談して本当によかったと言ってもらえるように日々努めています。今は、セルフメディケーションが以前よりも求められているので、自分の健康を見つめ直してもらうことが大切になります。

患者様から信頼を得ることはとても難しいことですが、高いレベルでの知識や向上心、その方への思いやりをももっていれば信頼もついてくるものだと思っています。この会社では、多くの経験を積んだ方々の助言や定期的な勉強会によって、たくざんの知識や考え方を学ぶことができます。

地域の方々に処方箋がなくてもフラっと寄っていただき、健康相談、悩みを打ち明けにきてもらい、その方にとって何か役に立つそんな薬剤師を目指しています。

 

よつば薬局 大出(日本大学卒)

▲ Page Top


お元気ですか?

薬剤師として働き始めてから、強く感じるようになったことがあります。

「患者様がどのようなとき、自分は一番嬉しい気持ちになるのか」

答えは、『元気であるとき』でした。

患者様が元気でいられることが薬剤師にとっての最高の喜びです。

私は施設での往診同行、服薬指導を中心とした業務を行っていますが、入居されている患者様のほとんどが何かしらの病気を抱えています。そこから少しでも元気な状態に近づける努力が、今の私がすべきことだと感じています。施設へ訪問し、患者様とお会いした時、私は「お元気ですか?」と問いかけます。この問いかけに対して「元気です」という答えが患者様から得られないのであれば、それは自分の努力不足の結果です。

すべての入居者様が「元気です」と答えられる施設、それを目指すことが今の私の目標です。

 

つばさ薬局 黒島(城西大学卒)

▲ Page Top


薬局事務の仕事って?


 事務は薬剤師と管理栄養士が患者様と接する時間が増えるよう、調剤室でサポートをしています。主な仕事は調剤業務(受付・パソコン入力・監査・ピッキング)です。薬局内の装飾やOTCのポスターなども作成しています。また、より良い薬局にするために業務の効率化、安全性の向上等を日々考えながら仕事をしています。

 入社する前は薬局の事務は受付や入力をするだけだと思っていましたが、この会社では様々な仕事をやらせてもらえるので、大変な事もありますがやりがいもあります。患者様の笑顔や「ありがとう」の言葉でもっと頑張ろうという気持ちになります。

 これからも患者様、地域の皆様から必要とされる薬局を目指し、薬剤師・管理栄養士と連携して業務に励んでいきたいとおもいます。

 

つばさ薬局 滝沢

 

▲ Page Top


管理栄養士として・・・


 調剤薬局での管理栄養士の仕事のイメージは、栄養相談がほとんどだと思います。
 弊社でも最初は薬局内での栄養相談が主でした。しかし、ここ数年で、地域活動の一環として講義をしたり、在宅訪問での栄養指導や施設でのお菓子作りなどを行ったりと、様々な活動をすることで管理栄養士の行う仕事を広げてきました。
 ですが、管理栄養士だけの力ではここまでこれません。薬局内を支えてくれる事務さんがいてくれるからこそ、自由に動く時間などをいただくことができました。また、薬剤師さんの知識や意見を頂き、協力して講義や在宅訪問をしてきました。

 困った時に、職種を問わず手を差し伸べてくれる温かいグループです。だからこそ、私は管理栄養士として前に進みたいと思っています。

 

つばさ薬局 田中

 

▲ Page Top